ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

PEラインの4本撚りと8本撚り 違いは? 最近は12本編みが…

   

今現在ルアーフィッシャーマンのほとんどが、メインラインにPEラインを使用している。

 

 

ほぼ9割がそうだといっても過言ではないだろう。

 

そんな多くのアングラーが一度は考えたことがあるだろう。

 

「4本撚りか8本撚り、どちらにするか」
「両者の?違いは?」

というわけで、この2種類の基本的な違いとメリット・デメリットについて簡単に説明する。

 

スポンサーリンク


 

 

 

飛距離

 

ラインにおいて重要なテーマとなる、ガイドとの摩擦抵抗による飛距離の伸び。

 

これに関して言うと、軍配は8本撚りにあがる。

 

8本は4本撚りに比べて密に編み込んであるため摩擦抵抗が少なくなるのが基本。

 

よって、ガイドとの接触時の摩擦も軽減され飛距離が伸びる。

 

 

もちろんメーカーによって多少の品質の差は出ては来るが、基本的には飛距離をさらに出したいなら、迷わず8本撚りをおすすめする。

 

 

ただし、8本撚りを使用する場合、摩擦抵抗が少ない分、ノット部分(リーダーとの結束部分)がきっちりと絞まっていないとすっぽ抜けてしまうことが稀にあるので気を付けておこう。

 

 

耐久性

 

耐久性に関しても、(摩擦抵抗が少ない=ラインのダメージも少ない)となるので、8本の方が優れている。

 

 

ちなみにラインをより長持ちさせたいなら、このアイテムもおすすめだ↓↓

 

 

 

 

根ズレに関しても8本編みの方が多少は耐久力があるが、いずれにしてもPEラインは擦れるとすぐに切れてしまうので、さほど考える必要はないだろう。

 

スポンサーリンク


 

価格

 

唯一4本撚りに軍配があがるのが値段の安さ。

 

各メーカーによってその差は異なるが、1.5倍ほどの差がつくこともあるので、あまりお金をかけたくないなら、4本撚りを買うと良いだろう。

 

 

ただ、長い目で見ると上述したように耐久性に差があるため、上手に使用すれ8本撚りの方がより長く使用でき経済的とも言える。

 

よって、最初は多少高くつくとしてもおすすめするのは8本編みの方だ。

 

 

ちなみに最近は12本撚りというのが出ているが、まだ使ったことはないのでなんとも言えない…(汗

 

多少値は張るが一度試してみる価値はあるかもしれない。

 

→ 青物用のおすすめリーダーシステム

→ ヒラマサとヒラスズキの値段はいくら?

 

スポンサーリンク


 - ヒラスズキ, 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

瀬渡し船(渡船)で磯に渡る時の予約の仕方と利用方

  船釣りは高いし、酔うので自分には無理…だけど久しぶりの休日に確実に …

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …

【ヒラマサキャスティング】トップウォーターのルアー選択

一昔前はルアーでショアから青物を狙うアングラーというのは本当に一握りしかいなかっ …

アニサキスが寄生しやすい魚【予防&治療方】

最近よく耳にするようになってきた”アニサキス症”。   これは一部の魚 …

18ステラSWか19!?…モデルチェンジはいつ?

シマノのフラッグシップモデルのリール”ステラ”   その中でも、大型を …

no image
ヒラスズキのポイント選択

憧れの魚ヒラスズキ   ただ、その美しい魚体を手にするためにはいくつも …

ヒラマサにはダイビングペンシルが万能だと思ってる?

数年前から急激に流行りだしたダイビングペンシルでのヒラマサ等の青物釣り。 &nb …

no image
釣れるサラシと釣れないサラシの見極め方

サラシを求めてあちらこちらと移動し、貴重な一本を求めてキャストを繰り返すヒラスズ …

泳がせ釣りに便利なアイテムたち

  主に青物や根魚のをターゲットにする泳がせ釣りでのタックルについては …

no image
ジギングのワンピッチジャーク…コツとおすすめタックル

ショアにしろオフショアにしろ、ジギングをする上で必ず耳にする”ワンピッチジャーク …