ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

SLJ(スーパーライトジギング)でおすすめのコスパの良いロッドは間違いなくコレ

   

最近耳にするようになったスーパーライトジギング(SLJ)という言葉。

 

ジギングが細分化され、比較的軽めのジグ(20~80g)程度のものをメインにした釣り方がSLJと呼ばれている。

 

ショア青物を謳ったサイトではあるが、今回はオフショアのスーパーライトジギングを快適に楽しむために、ベイトとスピニング両タイプのおすすめのロッドがあるので紹介していきたいと思う。

 

SLJ(スーパーライトジギング)に求められるロッドの性能

スーパーライトジギングに求められる性能、それはズバリティップ側の柔らかさとベリーからバットにかけての強さだ。

 

つまり、軽量ジグを繊細に操って食わせることのできる操作性と、青物がヒットしてもその引きに耐え得る粘りとパワーが必要となるのだ。

 

他のロッドでも代用できるか

最近はSLJ専用のロッドが販売されていて私も数本所有しているが、やはり快適さを考えると専用のものを使うに越したことはない。

 

もちろん代用できるロッドもあるにはあるが…

 

 

スペックがおおよそ似ているロッドを2つほど挙げてみたが、これらを使うこともできる。

 

もしくは、強めのエギングロッドを自己責任で使用するのもありだ。

 

ただし、SLJをメインで楽しんでいきたいなら専用のものを購入しよう。

 

SLJ用のロッド購入をおすすめする理由

 

では、SLJ専用のロッドをおすすめする2つの理由を見てみよう。

 

汎用性が抜群

 

SLJ専用ロッドは他の釣りにも流用可能なとても汎用性のあるロッドだ。

 

例えば、イカメタル・タイラバ・ロックフィッシュゲーム・ティップラン等のジャンルにも十分使用することができる。

 

これ1本を船に持ち込んでおけば、かなり幅広く遊べるのでおすすめだ。

 

釣りやすさ

 

SLJ専用ロッドは、軽量でしなやかでありながら、強靭なバットパワーも持ち合わせているので、ジグのアクションからファイトまで快適に使用することができる。

 

他の代用ロッドをを使用する場合、ジグを細かく操作することが難しかったり、青物とのファイトに耐えきれないこともあり得る。

 

こうした点を考えると、やはりスーパーライトジギングでは専用ロッドを使うのがベストだ。

 

価格面と性能面から見てもコスパ抜群のSLJロッドとは

専用ロッドとはいっても、十分な性能を持ち合わせていて価格的にも負担の少ないものも多くラインナップされている。

 

私が自信を持っておすすめするコスパ抜群のモデルはこれだ。

 

スピニングモデル

 

ベイトモデル

 

ベイトリールを使うことに抵抗がない人には、快適さの面からも私はベイトモデルをおすすめする。

http://syoacasting.com/daibinngupennsiru-ranking/

一つは持っておきたいSLJ専用ロッド

スーパーライトジギング(SLJ)は、かなり人気のある釣りで、実際に行ってみると想像以上に楽しい。

専用のロッドを使用することでその楽しさはさらに倍増するので、時々レンタルボート等を利用することがあるのであれば、1本は持っておこう。

こちらの関連記事もどうぞ

http://syoacasting.com/hiramasaseitai/

http://syoacasting.com/anisakisu/

http://syoacasting.com/hukkokusitehosihaibanrua/

 - 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ジャッカル ガバチョフロッグが人気すぎて通販でも品薄な件 カエラとの違いは?

大手ルアーメーカーのジャッカルが開発・提供するフロッグ系ルアーの“ガバチョ”が欲 …

ダイビングペンシルの正しい使い方【誘い出し】

ヒラマサトップウォーターゲームにおいて欠かせないアイテム、それがダイビングペンシ …

【青物】トップウォータールアーにカラーは関係ある?

多くのルアーマンが一度は疑問に思ったことがあるであろうこのテーマ。   …

19ステラSWと20ソルティガの様相が濃い件

  非常に気になるシマノ&ダイワのフラッグシップモデルであるステラSW …

18ステラSWか19!?…モデルチェンジはいつ?

シマノのフラッグシップモデルのリール”ステラ”   その中でも、大型を …

PEラインの4本撚りと8本撚り 違いは? 最近は12本編みが…

今現在ルアーフィッシャーマンのほとんどが、メインラインにPEラインを使用している …

釣った魚を美味しく食べるための上手な絞めかた

釣った魚を環境保護のためにリリースする人もいるが大抵の人は食べるために持って帰る …

ラピード190は買いなのか… フック選びのコツ

  マリアから2018年秋に発売開始となった待望のラピードF190 & …

瀬渡し船(渡船)で磯に渡る時の予約の仕方と利用方

  船釣りは高いし、酔うので自分には無理…だけど久しぶりの休日に確実に …

ヒラマサ・ブリに効くジグの種類とカラー選択のお話し

青物を釣るために現在様々なルアーが使用されているが、ジグの使用はかなり昔から確立 …