ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

PEラインの4本撚りと8本撚り 違いは? 最近は12本編みが…

   

今現在ルアーフィッシャーマンのほとんどが、メインラインにPEラインを使用している。

 

 

ほぼ9割がそうだといっても過言ではないだろう。

 

そんな多くのアングラーが一度は考えたことがあるだろう。

 

「4本撚りか8本撚り、どちらにするか」
「両者の?違いは?」

というわけで、この2種類の基本的な違いとメリット・デメリットについて簡単に説明する。

 

スポンサーリンク


 

 

 

飛距離

 

ラインにおいて重要なテーマとなる、ガイドとの摩擦抵抗による飛距離の伸び。

 

これに関して言うと、軍配は8本撚りにあがる。

 

8本は4本撚りに比べて密に編み込んであるため摩擦抵抗が少なくなるのが基本。

 

よって、ガイドとの接触時の摩擦も軽減され飛距離が伸びる。

 

 

もちろんメーカーによって多少の品質の差は出ては来るが、基本的には飛距離をさらに出したいなら、迷わず8本撚りをおすすめする。

 

 

ただし、8本撚りを使用する場合、摩擦抵抗が少ない分、ノット部分(リーダーとの結束部分)がきっちりと絞まっていないとすっぽ抜けてしまうことが稀にあるので気を付けておこう。

 

 

耐久性

 

耐久性に関しても、(摩擦抵抗が少ない=ラインのダメージも少ない)となるので、8本の方が優れている。

 

 

ちなみにラインをより長持ちさせたいなら、このアイテムもおすすめだ↓↓

 

 

 

 

根ズレに関しても8本編みの方が多少は耐久力があるが、いずれにしてもPEラインは擦れるとすぐに切れてしまうので、さほど考える必要はないだろう。

 

スポンサーリンク


 

価格

 

唯一4本撚りに軍配があがるのが値段の安さ。

 

各メーカーによってその差は異なるが、1.5倍ほどの差がつくこともあるので、あまりお金をかけたくないなら、4本撚りを買うと良いだろう。

 

 

ただ、長い目で見ると上述したように耐久性に差があるため、上手に使用すれ8本撚りの方がより長く使用でき経済的とも言える。

 

よって、最初は多少高くつくとしてもおすすめするのは8本編みの方だ。

 

 

ちなみに最近は12本撚りというのが出ているが、まだ使ったことはないのでなんとも言えない…(汗

 

多少値は張るが一度試してみる価値はあるかもしれない。

 

→ 青物用のおすすめリーダーシステム

→ ヒラマサとヒラスズキの値段はいくら?

 

スポンサーリンク


 - ヒラスズキ, 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

釣った魚を美味しく食べるための上手な絞めかた

釣った魚を環境保護のためにリリースする人もいるが大抵の人は食べるために持って帰る …

【何を揃える?】青物・根魚の泳がせ釣りに必要な仕掛けとタックル

アジやイワシ等を針にかけて泳がせて大物を狙う通称”泳がせ釣り”。   …

アニサキスが寄生しやすい魚【予防&治療方】

最近よく耳にするようになってきた”アニサキス症”。   これは一部の魚 …

【ダイビングペンシル】ウッドかプラスチック おすすめは?

  最近は種類も豊富になってきたダイビングペンシル。   & …

no image
ショアジギング・キャスティング(青物)のポイント選択

ショアから狙う青物の釣果は8割ポイント選択によって左右されると言っても過言ではな …

ショアヒラマサ用本当に釣れるダイビングペンシルのおすすめ

  これからヒラマサキャスティングを初めたいけどルアーの選択肢が多すぎ …

ダイビングペンシルの正しい使い方【誘い出し】

ヒラマサトップウォーターゲームにおいて欠かせないアイテム、それがダイビングペンシ …

【ヒラマサ&ヒラスズキ】復刻してほしい廃盤ルアー3選

ヒラスズキ、青物ゲームにおいて使用されるルアーは一昔前に比べて、その数や種類もか …

ラピード190は買いなのか… フック選びのコツ

  マリアから2018年秋に発売開始となった待望のラピードF190 & …

ヒラスズキ・ヒラマサの値段の相場はいくらになるか

釣り人に大人気のターゲットでもあるヒラマサとヒラスズキ。   どちらも …