ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ブリのトップゲーム にはこのルアーがあればOK

      2021/10/07

青物の御三家のなかで比較的釣りやすいといわれているブリ族。

 

 

ヒラマサを狙っているときはなぜか釣れてしまうのに、本気で狙おうとするとなかなか良い返事をくれないことが多い。。。

 

そんなブリをトッウォータープラグで狙って釣るためには・・・

 

スポンサーリンク

 

ヒラマサやカンパチと比べて回遊性の高い種族となるブリ族。

 

それだけに、狙いどころが難しいとも言える。

 

なので、基本的には小場所でネチネチ攻めるというよりは、広範囲にアピールさせて誘い出す釣りをイメージすると良いだろう。

 

その点でトップゲームは効果的な攻めかたと言える。

 

 

おすすめトップウォータールアー

 

ブリを狙うなら基本的にポッパーとダイビングペンシルの2種類があれば事足りる。

 

広範囲にせめてアピール重視で狙うならポッパー。

 

ベイトがいてそれについていることが分かっているなら、ダイビングペンシルで攻めるという発想で良いだろう。

 

 

ポッパー

 

ポッパーは、飛距離重視で選びたい。

 

最近はショアキャスティングを視野に入れたルアーがたくさんリリースされているので、アングラーとしては選択肢が増えて嬉しい限りだ。

 

 

一番のおすすめはこれ ↓

 

 

ポップクイーンシリーズはベテランアングラーで知らない人はいないであろう超実績ルアーだ。

 

飛距離も出るし細身で食わせやすさも兼ね合わせていてどんなシチエーションでも使える万能ポッパー。

困ったらこれを投げ続けよう。

 

 

もうひとつのおすすめポッパーがこれ ↓

 

 

私はこれの前身?となるサーフェスブル150を持っているが、今もバリバリの1軍ルアーとなっている。

 

カップは大きめでアピール度が高いのだが、意外と細かなアクションにも答えてくれて小刻みなドッグウォークも余裕でこなしてくれる超優秀ポッパーだ。

 

ポップクイーンよりもアピールが欲しいときなどは迷わずこれ。

 

スポンサーリンク

 

ダイビングペンシル

 

ブリ用のダイビングペンシルを選ぶなら、基本150mmほどの大きさが妥当だろう。

 

あとは飛距離とアクションのしやすいものを選べば良い。

 

 

一番のおすすめはこれ ↓

 

 

スリムボディでナチュラルな食わせ性能を持っている上に、飛距離もかなり出るので広範囲に探って誘い出しを行うことができる。

 

もちろん他にも使えるルアーはたくさんあるが、今回は私が考える中でコスパが良く実績も高い釣れるルアーを挙げてみた。

 

ぜひ一度使ってみてその良さを試してみてほしい。

 

→ショアジギングを始めるかたにピッタリの中級タックル

→ショアからこんなでかいルアーで釣れるの!?

 

 

 

 - 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【ヒラマサの生態】好む水温や産卵時期など

青物のなかでも、特に人気のあるヒラマサ。   人気の理由は、その難しさ …

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …

ヒラスズキ・ヒラマサの値段の相場はいくらになるか

釣り人に大人気のターゲットでもあるヒラマサとヒラスズキ。   どちらも …

no image
ショアジギング・キャスティング(青物)のポイント選択

ショアから狙う青物の釣果は8割ポイント選択によって左右されると言っても過言ではな …

no image
ヒラスズキと青物の兼用タックル おすすめロッド編

ヒラスズキを狙っていると時々青物もヒットしてくる用な場所は結構多い。 &nbsp …

スピニングリール、高いのと安い物との性能の違い

釣り具屋に行く数多くのリールが並べられている。   ワゴンセールとして …

ルアーの着底がわからない人のために…”底を取る”って?

青物釣りに限らずエギングや根魚釣り等様々な釣りにおいて、この”底を取る”というの …

ショアから使えるダイビングペンシル【ウッド製】のおすすめ

  ショアからの青物、特にヒラマサを狙って秋口から磯に出かけ果敢にトラ …

ヒラマサにはダイビングペンシルが万能だと思ってる?

数年前から急激に流行りだしたダイビングペンシルでのヒラマサ等の青物釣り。 &nb …

釣った魚を美味しく食べるための上手な絞めかた

釣った魚を環境保護のためにリリースする人もいるが大抵の人は食べるために持って帰る …