ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ヒラスズキゲームで釣れる外道ランキング

   

荒れた日に磯に立ち青白く広がるサラシにピンポイントルアーを打ち込んでいくでヒラスズキゲーム。

 

私自身もその魅力にとりつかれた一アングラーだ。

 

そんな、楽しいヒラスズキゲームをさらに面白く?させてくれるのが予想外にヒットする外道たち。

 

釣れる外道の確率の高いと思われる順に独断と偏見でランキングにまとめてみた。(マルスズキ以外で)

 

 

 

1. チヌ(クロダイ)

 

ダントツで確率が高いと思われるのがチヌ。

 

 

ヒラスズキを狙っていてチヌが釣れたときは若干がっかりしてしまうが、ヒラスズキ用のルアーにヒットしてくるものは大型ばかりなので、結構引きは楽しめる。

 

食味は、ヒラスズキには太刀打ちできないがムニエルなどにして食べてもなかなかいけるのでキープするのも良いだろう。

 

 

特に春先は釣れる確率が格段に高くなる。

 

チヌは、ふかせ釣りなどでそれ専門に狙っている人もたくさんいる程の魚なので、大型が釣れたときには純粋に喜ぼう。

 

 

2. 青物

 

ヒラスズキゲームにおいて、この青物もよく外道としてヒットしてくる。

 

一番多いのはヤズ(ブリの子ども)だが、時には4、5㎏クラスのヒラマサがヒットしてくることもある。

 

しかもどシャローで……。

 

 

 

青物が釣れたら嬉しいのだが、そこそこサイズのヒラマサとなるとヒラスズキタックルで釣り上げるのはかなり苦労させられる。

 

 

もともと、ヒラマサがヒットする確率の高いことが分かっているなら、青物にも対応できるヒラスズキと兼用のタックルで挑むのも良いと思う。

 

いずれにしてもスリリングなファイトになるのは間違いない。

 

→ ヒラスズキと青物を兼用できるタックルのおすすめがこれ

 

3. マダイ

 

チヌや青物程ではないが外道として時折りかかるのがこのマダイ。

 

 

 

この魚も外道ではあっても釣れると非常に嬉しい。

 

引きも強く、見た目も赤が引き立ち、食べても美味しい。

 

ヒラスズキよりも若干下の層にいることが多いと言われているが、これも状況により異なってくるので確かなことは言えないのが本当のところだ。

 

 

4. メバル

 

意外に思われるかもしれないが、メバルも外道として結構ヒットしてくる。

 

 

しかも食ってくるのはランカーサイズが多く、トップに出ることさえある。

 

私自身もこれまで何度も30㎝クラスの黒メバルをヒラスズキタックルで釣ってきた。

 

いくらランカーサイズとは言え、ヒラスズキ用の12㎝前後のミノーやトップウォーターに食ってくるのだから、スイッチの入ったメバルはかなりアグレッシブな魚だということがよく分かる。

 

あえて、サラシをメバルタックルで狙いロックフィッシュゲームをするのも面白いかもしれないが、そこに外道としてヒラスズキがかかってしまうかもしれないのでご注意を。

 

 

5. イサキ

 

一昔はそれほど聞かなかったような気がするが、最近はよくこのイサキがルアーで釣れている。

 

 

海が変わってきたのか、それともルアーアングラーが増えてきたので情報も多くなったのかもしれない。

 

いずれにしてもこのイサキ、外道とは言え釣れると結構嬉しい。

 

引き味もなかなかで、一瞬ヒラスズキがひっとしたのでは?と間違うほどだ。

 

塩焼きは絶品なので、食べる分だけキープするのも良い。

 

イサキは群れをなして移動する魚で、釣れる時間帯もまとまっていることが多く釣れると立て続けに何匹もヒットしてくるのでそのタイミングを逃さないようにしよう。

 

 

以上、ヒラスズキゲームにおける外道のランキングを挙げてみた。

 

もちろん他にも外道としてヒットしてくる魚はいることだろう。

 

単純に、「あ~外道か~」で終わらせてしまうのではなく、「この状況でなぜこの魚が釣れたのか?」ということを一つのデータとして積み重ねていくことで、アングラーとしての経験値も上がり、引き出しも増えていくことだろう。

 

→ トップウォーターにカラーは関係ある?

→ ヒラスズキのドラグの設定値

 

 - ヒラスズキ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

瀬渡し船(渡船)で磯に渡る時の予約の仕方と利用方

  船釣りは高いし、酔うので自分には無理…だけど久しぶりの休日に確実に …

no image
ヒラスズキのバラシが多すぎて悩んでいる人が読む記事

ヒラスズキをやっているアングラーで感じたことのない人はいないであろう悩みのひとつ …

no image
ヒラスズキと出会うために…

    「ヒラスズキはサラシがあればどこでも釣れる」そんな言 …

ツインパワーXDとSW ヒラスズキゲームに相性が良いのは…

SHIMANOが2016年に発売したツインパワーXDシリーズ。   & …

no image
ヒラスズキの生態と美味しい食べ方

その生態はいまだ謎が多いとされているヒラスズキ。     た …

ヒラスズキ・ヒラマサの値段の相場はいくらになるか

釣り人に大人気のターゲットでもあるヒラマサとヒラスズキ。   どちらも …

ルアーの着底がわからない人のために…”底を取る”って?

青物釣りに限らずエギングや根魚釣り等様々な釣りにおいて、この”底を取る”というの …

ララペン125F(ジャンプライズ)好評価で爆発しそうな予感

ジャンプライズ社の2017の目玉商品といっても良いであろう【ララペン125F】 …

no image
ヒラスズキのシーズン別釣り方【春夏秋冬】

すべての状況が整わないとなかなか顔を見せてくれない気分屋のヒラスズキ。 &nbs …

PEラインの4本撚りと8本撚り 違いは? 最近は12本編みが…

今現在ルアーフィッシャーマンのほとんどが、メインラインにPEラインを使用している …