ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ヒラスズキのバラシが多すぎて悩んでいる人が読む記事

   

ヒラスズキをやっているアングラーで感じたことのない人はいないであろう悩みのひとつに「バラシが多すぎる」というものがある。

 

 

筆者も長い間この悩みを抱えてきた

 

もちろん、どうしても防げないバラシが存在するということは、ルアーをやっている人であれば承知していると思うが、その反面アングラー側で対処することによって防げるバラシも存在するのだ

 

 

この釣りでバラシが多発する理由は、ヒラスズキという魚の身体能力の高さにある。

 

ルアーの針がかかり違和感を感じた魚は、激しく首をふって突然暴れだす。

 

その太い尾びれをいかして下に突っ込んだかと思うと、急に水面に上昇してきてジャンプしながらイヤイヤと首を振る。

 

この過程のいずれかの部分で針がハズレてしまうというわけだ。

 

しかし、これも上手に対処することによってかなりのバラシを減らすことができるので、そのコツをお伝えしようと思う。

 

バラシが多いのは大抵50㌢から60㌢位の個体であることが多い。

 

大きな個体であれば、口のなかにルアーがスッポリと入ることが多いため、バレにくくなるのだが、少し小さめの個体になるとルアーが外ガカリしていることが多い。

 

なので、暴れたときに針が外れやすいという訳なのだが、この対処法としては合わせをしっかりと入れてやることにつきる。

 

そんなことは百も承知だ!と言われるかもしれないが、この合わせのいれ方にちょっとしたコツ必要なのだ。

 

合わせのいれ方

 

ヒラスズキがかかった瞬間、思いきりロッドを煽って一発で合わせる、これはあまりよろしくない。

 

特に青物を釣る人に多い合わせ方だが、ヒラスズキには少し向かない。

 

トレブルフックで外ガカリしていて針ガカリの浅い状況ならこの瞬間にバレてしまうだろう。

 

 

 

なので、一撃で合わせるのではなく、いつもの5割くらいの力で4、5回に分けてジワジワ針を深く刺していくイメージをもって合わせをいれてみよう。

 

たったこれだけなのだが、かなりのバラシ軽減になるはずだ。

 

簡単そうに思えるが、魚がヒット後の興奮している状態(アングラーが(笑))では、ついつい力任せに合わせてしまうことが多いので、意識的に努力していってもらいたい。

 

ヒラスズキのバラシに悩んでいるなら是非、今度の釣行で試していただきたい。

 

それでも解決しないなら、ドラグ設定をもう少し緩くしてみるといいかもしれない。

 

スポンサーリンク



 - ヒラスズキ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

キャスト時のライントラブル【原因と対処法】多発する人必見!

釣りをしていてもっとも萎える瞬間…w   それがキャスト時の不具合等に …

ルアーの着底がわからない人のために…”底を取る”って?

青物釣りに限らずエギングや根魚釣り等様々な釣りにおいて、この”底を取る”というの …

アニサキスが寄生しやすい魚【予防&治療方】

最近よく耳にするようになってきた”アニサキス症”。   これは一部の魚 …

ヒラスズキの基本的なドラグ設定値のお話

リールにはドラグという機構がついていて、これによってバラシを軽減し大きな魚やパワ …

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …

no image
釣れるサラシと釣れないサラシの見極め方

サラシを求めてあちらこちらと移動し、貴重な一本を求めてキャストを繰り返すヒラスズ …

no image
ヒラスズキのポイント選択

憧れの魚ヒラスズキ   ただ、その美しい魚体を手にするためにはいくつも …

ヒラスズキゲームで釣れる外道ランキング

荒れた日に磯に立ち青白く広がるサラシにピンポイントルアーを打ち込んでいくでヒラス …

【ヒラスズキの釣り方】潮回りはどう影響するか

潮と魚の活性は切っても切れない関係にある。     特に青物 …

根掛かりしてしまったときの対処法 大切なルアーを回収するには…

ジギングにしろプラッギングにしろ、釣りにおいてどうしても避けては通れない厄介な問 …