ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

【ダイビングペンシル】ウッドかプラスチック おすすめは?

   

 

最近は種類も豊富になってきたダイビングペンシル。

 

 

ショアからのヒラマサ狙いのアングラーにとっても今やなくてはならないルアーのひとつとなっている。

 

ショアからのヒラマサゲームというくくりで考えたとき、ダイビングペンシルの素材はウッド製とプラスチック製のどっちが良いのかという質問を聞くことがある。

 

スポンサーリンク


 

 

 

素材による違い

 

基本的にダイビングペンシルの素材は、大きく分けてウッド製とプラスチック製、そして発砲ウレタン製の3種類に分類できる。

 

 

発砲ウレタン

 

発砲ウレタン製に代表されるダイビングペンシルに、タイドプール社ルアーがある。

 

そのなかでも、群を抜いて大型の実績をあげているのが、”DP200F type2”だ。

 

 

発砲ウレタン製の良さは、その水絡みの良さと傷が入ってもボディ内部に浸水の恐れがないという点だ。

 

ただし、磯やテトラ強めに打ち付けてしまうとぽきっと割れてしまうこともあるので、その辺は注意も必要。

 

 

タイドプール社のダイペンシリーズはなかなかてにいれるのが大変だったが、最近はヤフオクなどでも転売目的での出品者が増えていることから、以前よりはてに入りやすくなっている。

 

 

一度、自分に合うかどうか試してみるのも良いかもしれない。

 

 
→ ダイビングペンシル食わせのアクション

 

 

 

ウッド

 

次にウッド製についてだが、昔から今もなおオフショアで多くの人が使用し、素晴らしい実績を叩き出している。

 

浮力や泳ぎのキレも素晴らしく、センシティブなヒラマサも誘い出してくれる力を持っている。

 

 

そんなウッド製のルアーだが、若干の難点もある。

 

まずは、値段が高いこと。

 

スポンサーリンク


 

カーペンター社の”ガンマ”や”ブルーフィッシュ”シリーズはいまだに人気が衰えておらず、定価よりも高値で取引されることが多い。

 

また、同じルアーでもウッド製は重量やバランスにバラツキが出てしまうことや、傷口から水が侵入して浮力が変わってしまいやすいというのもある。

 

 

とはいっても、これまでの実績を考えるとそれらの難点を補ってあまりあるほどの実力がある素材であることには間違いない。

 

 

 

特に、バルサ素材を使用しているブルーニングハーツ社の”ファルコン160”は、他には真似できないその浮力とキレでヒラマサにとても効果があると感じている。

 

→ ブリトップゲームにおすすめのルアー

 

 

 

 

プラスチック

 

最後にプラスチック製についてだが、はっきり言ってダイビングペンシルが流行りだした頃は優秀なルアーが少なかった…。

 

 

そのため、ショアから効果なウッド製ルアーを投げ続けるアングラーが多かったように思う。

 

自分もそのうちの一人。

 

 

でも、最近は技術も向上してきたおかげか、”釣れるプラスチックルアー”が増えてきた。

 

どうしても中は空洞になってしまうため強度問題もあったが、この点でも研究が進んだおかげで「壊れるのでは?」という心配はあまりしなくてもよくなった。

 

10㎏クラスのヒラマサをを本気で狙えるプラスチック製のダイビングペンシルもたくさん登場している。

 

→ ヒラマサの値段相場はどのくらい

 

 

今となっては難点といえるのは、ウッド製よりも若干安っぽく見えるwといったところだろうか。

 

スポンサーリンク


 

結局おすすめは?

 

これらの点を考えて、ショアからのヒラマサゲームおすすめできるダイビングペンシルの素材は”プラスチック”だろう。

 

ボロボロになっても価格も安いし、ウッドプラグに引けをとらない動きのキレを見事に再現することができているため、普通に釣れる。

 

 

しかも、クリア系のカラーも可能なため擦れてきたヒラマサにも大きな効果を発揮するケースが最近は多いように感じる。

 

以下に挙げているような2、3種類の個性の違うものを持っておけば、かなりの範囲をカバーできるはずなので参考にしてみてほしい。

 

 

 

 - 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …

ショアジギング入門タックル編!安くてそこそこ使えるのは…

これから青物のショアジギングもしくはキャスティングを思っている人で、いきなり最初 …

no image
ジギングのワンピッチジャーク…コツとおすすめタックル

ショアにしろオフショアにしろ、ジギングをする上で必ず耳にする”ワンピッチジャーク …

プラグ用シングルフックのおすすめは?ダイビングペンシルにはこれでしょ!

  ダイビングペンシルやポッパー、時にはミノーにも使用することのあるシ …

小潮・若潮・長潮でもヒラマサは釣れるか

ヒラマサなどの青物ゲームにおいて潮回りは重要だと言われている。   & …

スピニングリール、高いのと安い物との性能の違い

釣り具屋に行く数多くのリールが並べられている。   ワゴンセールとして …

19ステラSWと20ソルティガの様相が濃い件

  非常に気になるシマノ&ダイワのフラッグシップモデルであるステラSW …

no image
ショアジギング・キャスティング(青物)のポイント選択

ショアから狙う青物の釣果は8割ポイント選択によって左右されると言っても過言ではな …

ヒラマサにはダイビングペンシルが万能だと思ってる?

数年前から急激に流行りだしたダイビングペンシルでのヒラマサ等の青物釣り。 &nb …

ダイビングペンシルでチェイスしてきたときの喰わせアクション

ショアからもオフショアからも今やヒラマサ狙いには欠かせない存在となった”ダイビン …