ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ラピード130(マリア)を使い分けて今までとれなかったヒラマサも!

   

マリアから発売されているラピード130が今後のショアからのヒラマサゲームの救世主となりそうだ。

 



 

ラピードのラインナップとしては、160mmを基本として大型の230mmとこの小型の130mmの3つとなっている。

 

*ラピード230についてはこちらの記事を参照

 

これらを使いこなすことによって、これまでつれなかったヒラマサをショアから誘い出すことが可能になるだろう。

 

スポンサーリンク


 

では、これら3つのサイズをどのように使い分けていけば良いのだろうか。

 

 

朝イチはアピール

 

その日のヒラマサの活性がどの程度なのか、それを知るためにまず最初はパイロットルアー的に使えて広範囲にアピールできるものを選択するのがセオリー。

 

その点で有効なのは、ラピード230。

 

 

他にもこのクラスの大きめのダイビングペンシルは多数出ているが、このラピードをおすすめするのは、ミスダイブの少なさ(ショアからでも扱いやすい)とシルエットの細さがあるからだ。

 

ショアからでは足場の高い場所からアクションせざるを得ない場面も多々あり、これらの状況によってミスダイブを連発しているようだと、せっかくルアーに関心を持ったヒラマサにもすぐに見切られてしまう。

 

ラピードはこの心配が非常に少ないルアーなのだ。

 

 

シルエットの細さという点では、最近のヒラマサはかなりダイビングペンシルに慣れてきており、チェイスはしてもなかなかすぐには口を使わないというセンシティブな傾向に進んでいる。

 

このラピード230は長さや重さはあり、キャスト後の着水時の波紋などのアピールで遠くのヒラマサを引き寄せることができる。

 

しかし、その細身のシルエットからアクション時のルアー後方に出る水流や波紋はナチュラルでしかもシルエットが細いため違和感が少なく若干活性が低いヒラマサも口を使うのだ。

 

 

というわけで、まずはこの230mmから投げよう。

 

スポンサーリンク


 

その後の展開

 

その後、比較的やる気のあるヒラマサや警戒心が強く薄暗いときにのみ補食活動を行うような大型のヒラマサを探ったあとは、160mmにおとしてアピール度を下げて試してみよう。

 

やる気のあるものは大きめのルアーにも反応するが、大きいものに反応しない個体もサイズをおとした 落とした習慣にアタックしてくることも多い。

 

 

そして、160mmクラスで拾えなかったヒラマサをもれなく拾うのがこの ラピード130。

 

160mmのサイズでも渋いヒラマサに口を使わせる秀逸ルアーとして発売後から数えきれないほどの釣果を叩き出してきた。

 

そのルアーの130mmクラスということで、これは持っておいて損はない。本当に。

 

 

しかもお手頃な価格なので、アピール系とナチュラル系の二つを使い分けることもできそうだ。

 

 

ちなみに、このクラスのダイビングペンシルでジャンプライズ社の「ララペン125」というのがある。

これもかなり良い仕上がりになっているようなので要チェックだ。

 

*ララペン125についてはこちらを参照

 

 

その日の潮の状況や天候、風の強さや向きによってヒラマサの活性はコロコロと変化していく。

 

そうした状況にアングラー側がいかに適応して合わせられるか、それが貴重な1本につながっていく。
 

→ ラピード130におすすめのタックルがこちら

→ ダイビングペンシルの動かし方

 

スポンサーリンク



 - 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【ヒラマサ】ポッパーの青物に効果的な使い方

バス釣りから青物、さらには海のGTフィッシングまで幅広いジャンルのゲームに欠かせ …

ゼナックのミュートス アキュラはRGガイドとKガイドどっちがおすすめ?

  ゼナック社からリリースされているショアジギングロッド「ミュートス」 …

最強!ヒラマサキャスティング用ヘビータックル【ショア】

ヒラマサをショアでからキャスティングで狙う釣りかたが近年増えてきているが、これま …

ヒラスズキ・ヒラマサの値段の相場はいくらになるか

釣り人に大人気のターゲットでもあるヒラマサとヒラスズキ。   どちらも …

PEラインの4本撚りと8本撚り 違いは? 最近は12本編みが…

今現在ルアーフィッシャーマンのほとんどが、メインラインにPEラインを使用している …

プラグ用シングルフックのおすすめは?ダイビングペンシルにはこれでしょ!

  ダイビングペンシルやポッパー、時にはミノーにも使用することのあるシ …

ダイビングペンシルの正しい使い方【誘い出し】

ヒラマサトップウォーターゲームにおいて欠かせないアイテム、それがダイビングペンシ …

18ステラSWか19!?…モデルチェンジはいつ?

シマノのフラッグシップモデルのリール”ステラ”   その中でも、大型を …

根掛かりしてしまったときの対処法 大切なルアーを回収するには…

ジギングにしろプラッギングにしろ、釣りにおいてどうしても避けては通れない厄介な問 …

【ルアーのフック】シングルフックとトレブルフックどっちにする?

ルアーのトレブルフックをはずしてシングルフックに交換する方法がここ数年で一気にポ …