ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ヒラスズキ・ヒラマサの値段の相場はいくらになるか

      2018/10/25

釣り人に大人気のターゲットでもあるヒラマサとヒラスズキ。

 

どちらもそう簡単には釣れず、その1匹の価値は釣り人にとってはかりしれないものがある。

 

 

では、このヒラスズキとヒラマサの実際の値段の相場はいったいいくらになるのだろうか。

 

スポンサーリンク


 

 

ヒラスズキ

 

ヒラスズキという魚は一昔前までは、マルスズキとあまり区別されることも少なく、ごちゃ混ぜで売られていたこともあったが、最近は認知度も上がってきたため基本的には別個に販売されている。

 

その味もマルスズキとは、違い臭みもなく非常に美味とされているため、値段ももちろんマルよりはかなり高いようだ。

 

 

2017年現在の値段相場で言うと、ヒラスズキは1㎏→2000~2500円 程となっている。

 

 

よってヒラスズキゲームで比較的多く釣れる50㎝~60㎝クラスの魚は3千円から5千円前後が目安となる。

 

時おりお目にかかる80オーバーのランカークラスは、1万前後という計算になる。

 

 

 

ヒラマサの相場

 

次に青物御三家の一つであるヒラマサの値段だが、意外とヒラスズキよりも高い価格であることに私自身も少し驚いた。

 

 

3㎏前後 → 1万円前後

5㎏前後 → 2万円前後

5~10㎏ → 2.5~5万円前後

 

 

という具合だ。

 

スポンサーリンク


 

 

特に青物に関しては、大きくなればなるほど油ののりも良くなるため、値段もそれに応じて若干高くなっていく。

 

 

ちなみに寒ブリは、3㎏で5千円前後、5㎏で1万円前後で取引されることが多い。

 

これらの点からヒラマサは、ブリよりも値段が2倍以上高い高級魚だということが分かる。

 

 

ヒラマサやヒラスズキが釣れたときに、もちろんほとんどの場合市場に売ったりすることはないだろうが、自分が釣った魚の値段合計がいくらになるのかを計算してみるのも面白いだろう。

 

→ ヒラスズキは小潮でも釣れるか

→ ショアジギング初心者におすすめ 【中級タックル】

 

 

 - ヒラスズキ, 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヒラマサ・ブリに効くジグの種類とカラー選択のお話し

青物を釣るために現在様々なルアーが使用されているが、ジグの使用はかなり昔から確立 …

ダイビングペンシルでチェイスしてきたときの喰わせアクション

ショアからもオフショアからも今やヒラマサ狙いには欠かせない存在となった”ダイビン …

no image
釣れるサラシと釣れないサラシの見極め方

サラシを求めてあちらこちらと移動し、貴重な一本を求めてキャストを繰り返すヒラスズ …

ラピード190は買いなのか… フック選びのコツ

  マリアから2018年秋に発売開始となった待望のラピードF190 & …

ショアから使えるダイビングペンシル【ウッド製】のおすすめ

  ショアからの青物、特にヒラマサを狙って秋口から磯に出かけ果敢にトラ …

no image
ヒラスズキと青物の兼用タックル おすすめロッド編

ヒラスズキを狙っていると時々青物もヒットしてくる用な場所は結構多い。 &nbsp …

ブリのトップゲーム にはこのルアーがあればOK

青物の御三家のなかで比較的釣りやすいといわれているブリ族。   &nb …

no image
ヒラスズキのポイント選択

憧れの魚ヒラスズキ   ただ、その美しい魚体を手にするためにはいくつも …

ララペン125F(ジャンプライズ)好評価で爆発しそうな予感

ジャンプライズ社の2017の目玉商品といっても良いであろう【ララペン125F】 …

【ヒラマサ&ヒラスズキ】復刻してほしい廃盤ルアー3選

ヒラスズキ、青物ゲームにおいて使用されるルアーは一昔前に比べて、その数や種類もか …