ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ヒラスズキ・ヒラマサの値段の相場はいくらになるか

      2018/10/25

釣り人に大人気のターゲットでもあるヒラマサとヒラスズキ。

 

どちらもそう簡単には釣れず、その1匹の価値は釣り人にとってはかりしれないものがある。

 

 

では、このヒラスズキとヒラマサの実際の値段の相場はいったいいくらになるのだろうか。

 

スポンサーリンク


 

 

ヒラスズキ

 

ヒラスズキという魚は一昔前までは、マルスズキとあまり区別されることも少なく、ごちゃ混ぜで売られていたこともあったが、最近は認知度も上がってきたため基本的には別個に販売されている。

 

その味もマルスズキとは、違い臭みもなく非常に美味とされているため、値段ももちろんマルよりはかなり高いようだ。

 

 

2017年現在の値段相場で言うと、ヒラスズキは1㎏→2000~2500円 程となっている。

 

 

よってヒラスズキゲームで比較的多く釣れる50㎝~60㎝クラスの魚は3千円から5千円前後が目安となる。

 

時おりお目にかかる80オーバーのランカークラスは、1万前後という計算になる。

 

 

 

ヒラマサの相場

 

次に青物御三家の一つであるヒラマサの値段だが、意外とヒラスズキよりも高い価格であることに私自身も少し驚いた。

 

 

3㎏前後 → 1万円前後

5㎏前後 → 2万円前後

5~10㎏ → 2.5~5万円前後

 

 

という具合だ。

 

スポンサーリンク


 

 

特に青物に関しては、大きくなればなるほど油ののりも良くなるため、値段もそれに応じて若干高くなっていく。

 

 

ちなみに寒ブリは、3㎏で5千円前後、5㎏で1万円前後で取引されることが多い。

 

これらの点からヒラマサは、ブリよりも値段が2倍以上高い高級魚だということが分かる。

 

 

ヒラマサやヒラスズキが釣れたときに、もちろんほとんどの場合市場に売ったりすることはないだろうが、自分が釣った魚の値段合計がいくらになるのかを計算してみるのも面白いだろう。

 

→ ヒラスズキは小潮でも釣れるか

→ ショアジギング初心者におすすめ 【中級タックル】

 

 

 - ヒラスズキ, 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

根掛かりしてしまったときの対処法 大切なルアーを回収するには…

ジギングにしろプラッギングにしろ、釣りにおいてどうしても避けては通れない厄介な問 …

ダイビングペンシルの正しい使い方【誘い出し】

ヒラマサトップウォーターゲームにおいて欠かせないアイテム、それがダイビングペンシ …

ショアヒラマサ用本当に釣れるダイビングペンシルのおすすめ

  これからヒラマサキャスティングを初めたいけどルアーの選択肢が多すぎ …

釣った魚を美味しく食べるための上手な絞めかた

釣った魚を環境保護のためにリリースする人もいるが大抵の人は食べるために持って帰る …

ゼナックのミュートス アキュラはRGガイドとKガイドどっちがおすすめ?

  ゼナック社からリリースされているショアジギングロッド「ミュートス」 …

ショアから使えるダイビングペンシル【ウッド製】のおすすめ

  ショアからの青物、特にヒラマサを狙って秋口から磯に出かけ果敢にトラ …

ザビエル220Fはショアからのヒラマサに使える?大型を喰わせるアクションとは

  ボーズレス社からリリースされている対青物用(ターゲットはおもに大型 …

ショアジギングで釣れない時に試してほしい3つのこと

  「今日もダメか…」   そんな経験をこれまで何度してきた …

【何を揃える?】青物・根魚の泳がせ釣りに必要な仕掛けとタックル

アジやイワシ等を針にかけて泳がせて大物を狙う通称”泳がせ釣り”。   …

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …