ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ヒラマサキャスティングのリーダーシステムについて

      2018/10/25

ショアからキャスティングでヒラマサを釣る極限のゲーム。

 

タックルを考えるときにロッドやリールにばかり注目してしまいがちだが、リーダーシステムをどのように組むかという点もかなり重要な要素となる。

 

 

リーダーの太さや材質、長さやノット。

 

アングラーの好みによって色々と意見が別れてくる部分出でもあるのだが、今回は

「自分のシステムにあまり自信がない」
「ヒラマサキャスティングは初心者でこれから始めたい」
「いろいろな意見を参考にしたい」

という方に、私自身が使用しており良いと思っているシステムを紹介しようと思う。

 

スポンサーリンク


 

 

リーダーの種類

 

ヒラマサゲームにおいて使用されるリーダーの種類は基本的にナイロンとフロロカーボンの2種類。

 

 

いずれにも長所と短所がある。

 

まずナイロンに関して言うと、長所は以下の通り。

 

・クッション性があるので魚をバラシにくい
・フロロカーボンよりも結びやすい
・価格が安い
・比重が軽いため小さめのトップウォータプラグも使用できる

 

 

 

次に短所。

 

・根ズレに弱い
・吸水性がありフロロカーボンよりも多少寿命が短い

以上。

 

 

 

フロロカーボンの場合は上に挙げたナイロンの長所・短所の逆だ考えると良いだろう。

 

 

以上の点から、私自身は大型の可能性が高い根やブレイクのあるシャローエリアなどはフロロカーボン、それ以外は基本的にナイロンリーダを使用している。

 

 

 

リーダーの太さ

 

次に太さだが、ナイロンリーダーもフロロカーボンも80lbもしくは100lbを使用することが多い。

 

ナイロンの場合はそれ以上太くなっても良いと思うが、それ以上細くなってしまうと強度的にかなり不安が生じるため80lb以下はおすすめしない。

 

逆にフロロカーボンの場合はこれより多少細くしてもいけると思うが、そうするくらいなら私は小型トップウォーターも扱えるナイロンを選択する。

 

フロロでこれ以上太くしてしまうと、ラインの性質上非常に扱いにくくなる上にルアーの動きにも影響が出てくるため、100lbまでが推奨だ。

 

スポンサーリンク


 

リーダーの長さ

 

では、ベテランアングラーの中でも色々と意見が別れる長さについて。

 

筆者の好みで言うと、リーダーの結束部分(ノット部分)がキャスト時にトップガイドから出ている程度が良い気がする。

 

主な理由としては、キャスト時のライントラブルを防ぐためと飛距離を稼ぐため。

 

長さで言うと約1ヒロ弱(1.5m前後)といったところだろうか。

 

 

最初は私も短いかなと思っていたが、このシステムを使用しはじめてこれまで一度もPEラインの部分で根ズレして切られたことはないし、魚もしっかりバイトしてくる。

 

なので、経済的にもキャスト時のストレスを考えてもショアからのキャスティングでは今現在私はこれがベストだと感じている。

 

 

ちなみにリーダーを長く取るタイプの人でライントラブルに悩まされているなら、スペーサーを入れたシステムがおすすめ。

 

*詳しくは ”ライントラブル解消法”の記事を参照。

 

 

メインラインとの結束(ノット)

 

最後にノットについてだが、これは絶対これが良いというものはなく、それぞれが一番組みやすく信頼のおけるノットを使用すれば良いと思っている。

 

ちなみに筆者はFGがお気に入り。

 

ずっと昔からこれでやってきたし、ライン強度以上の強度があるのでこれ以上強いノットの必要性を感じていない。

 

さらには、道具も使用せずに簡単で早く組める点にも魅力を感じている。

 

ひとつだけはっきりおすすめできることは、あれこれと浮気するよりもコレと決めたノットを確実に習得すること。

 

そうすれば、現場でノットを組む必要が生じたときもあせることなく強いリーダーシステムを早く完成させることができ、それは間違いなく釣果に繋がるだろう。

 

→ 対ヒラマサ最強ヘビータックル

→ 釣れないときに試してほしい3つのこと

 

 

 - 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【何を揃える?】青物・根魚の泳がせ釣りに必要な仕掛けとタックル

アジやイワシ等を針にかけて泳がせて大物を狙う通称”泳がせ釣り”。   …

ラピード130(マリア)を使い分けて今までとれなかったヒラマサも!

マリアから発売されているラピード130が今後のショアからのヒラマサゲームの救世主 …

最強!ヒラマサキャスティング用ヘビータックル【ショア】

ヒラマサをショアでからキャスティングで狙う釣りかたが近年増えてきているが、これま …

瀬渡し船(渡船)で磯に渡る時の予約の仕方と利用方

  船釣りは高いし、酔うので自分には無理…だけど久しぶりの休日に確実に …

ヒラマサにはダイビングペンシルが万能だと思ってる?

数年前から急激に流行りだしたダイビングペンシルでのヒラマサ等の青物釣り。 &nb …

小潮・若潮・長潮でもヒラマサは釣れるか

ヒラマサなどの青物ゲームにおいて潮回りは重要だと言われている。   & …

ショアから使えるダイビングペンシル【ウッド製】のおすすめ

  ショアからの青物、特にヒラマサを狙って秋口から磯に出かけ果敢にトラ …

【ヒラマサ&ヒラスズキ】復刻してほしい廃盤ルアー3選

ヒラスズキ、青物ゲームにおいて使用されるルアーは一昔前に比べて、その数や種類もか …

no image
ヒラスズキと青物の兼用タックル おすすめロッド編

ヒラスズキを狙っていると時々青物もヒットしてくる用な場所は結構多い。 &nbsp …

【ヒラマサキャスティング】トップウォーターのルアー選択

一昔前はルアーでショアから青物を狙うアングラーというのは本当に一握りしかいなかっ …