ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ダイビングペンシルでチェイスしてきたときの喰わせアクション

      2018/10/18

ショアからもオフショアからも今やヒラマサ狙いには欠かせない存在となった”ダイビングペンシル”

 

これまでのルアーやジグには見向きもしなかった大型のヒラマサが果敢にアタックしてくる非常にエキサイティングなゲームだ。

 

 

しかし、ヒラマサも賢く警戒心の強い魚。

 

ペンシルにチェイスはしてくるものの、口を使わず反転して帰ってしまうケースも多々ある。

 

これには、その時の潮や活性、ベイトの種類等様々な要素が関係してくるのだが、以外とアングラー側ルアー操作に問題がある、またはもうひとつアクションに味付けが足りていない場合も多々あるようだ。

 

スポンサーリンク


 

 

喰わせのアクションが必要

 

ヒラマサの活性が高く、シャローエリアで大きなベイトフィッシュを追い回しているような状況では、さほど苦労することなくヒットさせることができる。

 

しかし、毎回そんな美味しい状況とは限らない。むしろそんなシチエーションに出くわすことの方が少ないのだ。

 

ヒラマサがいて、自分が操作するルアーの後方の水面が盛り上がりチェイスを確認できたとき、アングラーのドキドキは最高潮に達する。

 

しかし、その次の瞬間プイッと反転して逃げていってしまう…

 

 

そんな非常に悔しい状況をいかに打開することができるのだろうか。

 

 

 

1. ルアーを止めない

 

絶対とは言えないのだが、ヒラマサのチェイス確認後に食べやすいようにとルアーをついつい止めてしまうとそのまま見切られてしまうことが多い。

 

恐らく違和感を感じて喰うのをやめるのだろう。

 

なのでそれまでダイビングさせてきたのなら、チェイス確認後もそのままダイビングを続けるのが望ましい。

 

スポンサーリンク



 

 

2. ショートダイビングで誘う

 

平常心で誘い出しアクションを続けてきたアングラーは、突然ヒラマサのチェイスを確認すると一気に興奮しそのアクションが大きくなったり雑になってしまう傾向があるようだ。

 

アクションが雑になるとやはり賢くセンシティブなヒラマサは違和感を感じ逃げてしまう。

 

これを防ぐという意味でもショートダイビングを丁寧に繰り返すのは効果的なのだ。

 

しかしそれでも喰わないときがある…

 

 

 

ダイビングがダメな場合

 

ダイビングペンシルがいつもヒラマサに有効とは限らないということを覚えておくことは大切だ。

 

特にダイペンは、他のトップウォータープラグとは違い、全身を水中に潜らせながら使う。

 

そのとき、目の良いヒラマサは「これは餌ではない」と認識してしまい口を使わなくなることがあるのだ。

 

 

そんな時の打開策については、【ダイビングペンシルは万能ではなかった】の記事や【センシティブな大型ヒラマサに効くアクションとは?】の記事に書いているので参考にしていただければと思う。

 

スポンサーリンク



 - 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ララペン125F(ジャンプライズ)好評価で爆発しそうな予感

ジャンプライズ社の2017の目玉商品といっても良いであろう【ララペン125F】 …

no image
ショアジギング・キャスティング(青物)のポイント選択

ショアから狙う青物の釣果は8割ポイント選択によって左右されると言っても過言ではな …

プラグ用シングルフックのおすすめは?ダイビングペンシルにはこれでしょ!

  ダイビングペンシルやポッパー、時にはミノーにも使用することのあるシ …

キャスト時のライントラブル【原因と対処法】多発する人必見!

釣りをしていてもっとも萎える瞬間…w   それがキャスト時の不具合等に …

no image
ルアーマンを悩ませるシラスパターンの攻略法だよ!

魚はいるのに…目の前で何度もボイルしているのに…ルアーに …

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …

18ステラSWか19!?…モデルチェンジはいつ?

シマノのフラッグシップモデルのリール”ステラ”   その中でも、大型を …

マリアのラピード 230が熱い!通販で即売の予感!?

有名ルアーメーカー”マリア”のダイビングペンシル「ラピード230」   …

釣った魚を美味しく食べるための上手な絞めかた

釣った魚を環境保護のためにリリースする人もいるが大抵の人は食べるために持って帰る …

最強!ヒラマサキャスティング用ヘビータックル【ショア】

ヒラマサをショアでからキャスティングで狙う釣りかたが近年増えてきているが、これま …