ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

【何を揃える?】青物・根魚の泳がせ釣りに必要な仕掛けとタックル

   

アジやイワシ等を針にかけて泳がせて大物を狙う通称”泳がせ釣り”。

 

かなりの確率で高級魚や大物が釣れることと、どんな魚がかかるのかというドキドキ感がたまらないとても楽しい釣りのジャンルのひとつ。

 

→ ジグの動かし方のコツについてはこちらを参照>/b>

 

 

そんなスリル満点な釣りのひとつなのだが、あえて難点をあげると仕掛けがルアー釣りよりも若干複雑?だったり、餌の確保と餌のキープ等も必要なため、他の釣りよりも道具が多く必要という点だろう。

 

 

推奨タックル

 

まずは、タックルから。

 

1.ロッド

 

餌を泳がせるためのロッド(竿)は、強めのものが良いだろう。

 

ルアーロッドで言えば、青物用のものでそのなかでもHクラス(ヘビークラス)以上のものが良い。

 

 

理由としては、大型の青物もそうだが、大型の根魚に対応するためにはかなりの強さがなければ太刀打ちできないのだ。

 

磯で泳がせをしていると時に、大型のクエがかかることがある。

 

クエのその引きは、経験したことのある人はわかると思うが、凄まじいものがある。

 

せっかく掛けた大物を確実に手にするためにもロッドは信頼できる強いもので挑もう。

 

例えば、このようなロッドが使える。

 

 

 

 

2.リールの番手は?

 

 

次にどの番手のリールを使用するかだが、これはロッドとの相性も考えル必要がある。

 

スポンサーリンク



 

例えば青物用のヘビークラスロッドを使用するなら、シマノで8000番以上、ダイワで4500番以上が妥当だろう。

 

グレード的にお勧めなのは耐久性と剛性、そしてコストパフォーマンスを考えてダイワではキャタリナ、シマノではツインパワー。

 

それよりも安く抑えたいならシマノのバイオマスターが良い。

 

 

 

ラインシステム

 

メインラインはPEの3号前後、クエなどの大物を専門に狙うなら4号や5号以上が妥当だろう。

 

リーダーは、大物狙いなら少なくともナイロンで50lb以上、フロロカーボンで30lb以上は欲しいところだ。

 

ただし、強さを求めてあまりにラインシステムが太くなりすぎると 生き餌の弱りが早くなってしまうためその辺のバランスを考えなくてはいけない。

 

ここまでで、泳がせ釣りの基本的なタックルについて書いてきたが、泳がせ釣りで特に持っておいた方が良い他のアイテムについては次の記事を参考にしていただきたい。

 

スポンサーリンク



 - 根魚, 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ショアジギングで釣れない時に試してほしい3つのこと

  「今日もダメか…」   そんな経験をこれまで何度してきた …

ヒラマサにはダイビングペンシルが万能だと思ってる?

数年前から急激に流行りだしたダイビングペンシルでのヒラマサ等の青物釣り。 &nb …

釣った魚を美味しく食べるための上手な絞めかた

釣った魚を環境保護のためにリリースする人もいるが大抵の人は食べるために持って帰る …

ララペン125F(ジャンプライズ)好評価で爆発しそうな予感

ジャンプライズ社の2017の目玉商品といっても良いであろう【ララペン125F】 …

ラピード190は買いなのか… フック選びのコツ

  マリアから2018年秋に発売開始となった待望のラピードF190 & …

【青物】トップウォータールアーにカラーは関係ある?

多くのルアーマンが一度は疑問に思ったことがあるであろうこのテーマ。   …

no image
ショアジギング・キャスティング(青物)のポイント選択

ショアから狙う青物の釣果は8割ポイント選択によって左右されると言っても過言ではな …

ルアーの着底がわからない人のために…”底を取る”って?

青物釣りに限らずエギングや根魚釣り等様々な釣りにおいて、この”底を取る”というの …

ダイビングペンシルの正しい使い方【誘い出し】

ヒラマサトップウォーターゲームにおいて欠かせないアイテム、それがダイビングペンシ …

ラピード130(マリア)を使い分けて今までとれなかったヒラマサも!

マリアから発売されているラピード130が今後のショアからのヒラマサゲームの救世主 …