ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

【ヒラスズキの釣り方】潮回りはどう影響するか

   

潮と魚の活性は切っても切れない関係にある。

 

 

特に青物ゲームに関しては潮の影響が顕著に出ることが多い。

 

*青物は小潮や長潮でも釣れるのか?の記事も参照

 

 

では、ヒラスズキゲームにもこの潮回りは大きな影響を与えるのだろうか。

 

どの潮回りがヒラスズキを釣るのに適しているのだろうか。

 

スポンサーリンク


 

 

潮回りよりも考えるべきこと

 

ことヒラスズキゲームにおいては、他のターゲットを狙う時よりも考えるべきことがたくさんある。

 

・波の高さはどれくらいか
・サラシはきれいに広がっているか
・荒れすぎていないか
・水温の変化はどうか
・ベイトはいるか
・風向きはどちら側か

などなど……

 

*ヒラスズキのポイントの見極め方の記事も参照

 

 

実はこれらの考えるべき要素は、その潮回りが小潮か大潮なのかということよりも大切なことなのだ。

 

 

潮回りが関係するとしたら…

 

ヒラスズキゲームに潮回りがどのように関係するかどうかと言われたら、多少活性の上がり下がりはあるかもしれないといったところだろうか。

 

私自身、十数年もヒラスズキをやっているが大潮でも小潮でも長潮でも若潮でも普通に釣ってきた。

 

 

なのでそれほど気にすることではないと私自身は感じている。

 

 

ただ、潮の大きさでサラシの形成具合が大きく左右されるのは覚えておかなくてはならない。

 

多少波が低いかな…と思えるときでも大潮や中潮の時は、潮の上げ下げが大きいためサラシが広がりやすいというのがある。

 

逆に、今日は若干荒れすぎかも…という日でも小潮などの潮が小さい日はちょうど良い具合に波が立っていることもある。

 

 

なので、その日の風の強さと波高を見る時に潮の大きさも考慮に入れることは非常に大切なことなのだ。

 

スポンサーリンク


 

もうひとつは潮位

 

もうひとつ忘れてはならないのが潮位。

 

それぞれのポイントには、その地形で一番サラシが広がりやすい潮位というものが存在する。

 

満ちている方が良いか、それとも干潮時きれいなサラシが伸びる地形なのか…

 

釣行日のタイドグラフを眺めながら、そのポイントではどの時間帯が時合いとなりそうかということもしっかりと頭に叩き込んでおこう。

 

そうすれば、ポイントをより一層効率的に回ることができ無駄うちが少なくなる。

 

 

まとめ

 

ヒラスズキ自体に潮は関係なくはないが、どの潮回りでも条件が揃えば釣れる。

 

大切なことは、その日の波高と潮回りを比較してサラシの広がりをイメージすること。

 

そして、そのポイントにおいてきれいなサラシのできる潮位をよく見ておくこと。

 

 

これができれば、どんな潮回りでも柔軟に対応しつつヒラスズキに近づくことができるだろう。

 

→ ヒラスズキのドラグ設定値は度のくらい?

→ ヒラスズキと青物兼用ロッドのおすすめはこれでしょ

 

スポンサーリンク



 - ヒラスズキ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヒラスズキ・ヒラマサの値段の相場はいくらになるか

釣り人に大人気のターゲットでもあるヒラマサとヒラスズキ。   どちらも …

【ヒラマサ&ヒラスズキ】復刻してほしい廃盤ルアー3選

ヒラスズキ、青物ゲームにおいて使用されるルアーは一昔前に比べて、その数や種類もか …

ヒラスズキ用ルアーはこれを持っていけ!おすすめルアー7選

  ”ヒラスズキはどんなルアーでも釣れる”   時々そんな話 …

ルアーの着底がわからない人のために…”底を取る”って?

青物釣りに限らずエギングや根魚釣り等様々な釣りにおいて、この”底を取る”というの …

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …

PEラインの4本撚りと8本撚り 違いは? 最近は12本編みが…

今現在ルアーフィッシャーマンのほとんどが、メインラインにPEラインを使用している …

no image
ヒラスズキのバラシが多すぎて悩んでいる人が読む記事

ヒラスズキをやっているアングラーで感じたことのない人はいないであろう悩みのひとつ …

no image
ヒラスズキのシーズン別釣り方【春夏秋冬】

すべての状況が整わないとなかなか顔を見せてくれない気分屋のヒラスズキ。 &nbs …

no image
ヒラスズキの生態と美味しい食べ方

その生態はいまだ謎が多いとされているヒラスズキ。     た …

ララペン125F(ジャンプライズ)好評価で爆発しそうな予感

ジャンプライズ社の2017の目玉商品といっても良いであろう【ララペン125F】 …