ショア青物&ヒラスズキ

憧れの魚を追いかけて…

*

ヒラマサ・ブリに効くジグの種類とカラー選択のお話し

   

青物を釣るために現在様々なルアーが使用されているが、ジグの使用はかなり昔から確立されてきている。

 

 

ただし、船からのジギングの歴史は長いが、ショアからのジギングに関しては21世紀に入ってからといっても過言ではないほど浅いのだ。

 

もちろんオフショアとショアでは、共通する部分も非常に多いのだが、そうでないところも多々あるのが真実。

 

そんな中で、ショアからのジグによる釣果をどのように挙げることができるのか、ここでは使用するジグの種類とカラー選択について話していこうと思う。

 

 

ジグといっても、その種類は色々ある。

 

ショートジグ・ロングジグ・前方部重心・センターバランス・後部重心・鉛素材・鉄素材・タングステン素材…などなど、長さや形や重心やマテリアルなどの違いは様々なのだ。

 

 

カンパチに関しては、私自身ショアからの実績をそれほど持っていないため、ここでは話すのをやめておこうと思う。

というわけでここでは、特にブリとヒラマサに絞って考えていこう。

 

 

ブリ族

 

青物3種のなかで、一番選り好みしないのがこのブリだと思っている。

 

センターバランスでもフロント重心でも後部重心でも釣れるときは釣れる。

ただし、一つ言えるのはブリはカンパチやヒラマサよりも回遊性の強い魚であるため回遊を待ちながらジグをシャクリ続けなくてはならない。

 

よって、一番手返しがよく遠投性能も高い後部重心タイプのルアーがもっとも使いやすいだろう。

 

 

 

 

基本的な使い方は、高速巻きしながらリズミカルにジャークを入れてやる、これだけで回遊してくればヒットするので、根気よく投げ続けてみよう。

 

 

ヒラマサ

 

ヒラマサの場合は、直進的な動きよりも左右にダートする動きに弱いため、ブリとは違い後部重心タイプよりセンターバランスジグの方が向いている。

 

 

 

シャクリかたは、ワンピッチジャークを基本としてそのリズムとスピードを色々と変えていくだけ。あまり難しく考えなくてもそれで十分だ。

 

**ワンピッチジャークに関しては”誰でも簡単に!!ワンピッチジャークのコツ”の記事もご覧ください**

 

 

注意したいのは、強くしゃくりすぎないこと。

塩の流れに沿ってスイースイーときれいにダートさせてくるイメージで動かそう。

 

 

重さの選択だが、ブリもヒラマサも同じで

「きちんと着低がとれるか」
「塩の流れに流され過ぎていないか」

という要素を考えて、そのときの状況に対して一番ナチュラルに動くものを選択しくのがよい。

 

 

カラーのお話

 

青物にカラーは関係あるのか?という質問をよくされるが、私は関係あると確信している。

 

特に、ナチュラル系とグロー系カラーは全く違う釣果をもたらすことが多いため、この2種類は常にタックルボックスに忍ばせておきたい。

 

 

 

 

 

 

基本はナチュラルカラー(個人的にはシルバー押し)を使いつつ、ベイトがイカだとわかった場合は迷わずグロー系カラーを選択し、イカをイメージしてよりナチュラル&ゆっくりめでシャクルことを意識してみてほしい。

 

ベイトはなにかいまいち分からないが、全くあたらないというときもこれを試してみると、時にヒットしてくることが多いので実践してみよう。

 

 

以上、今回は簡単にジグの使い分けとカラー選択について書いてみた。

それではまた次回

 

 - 青物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ブリのトップゲーム にはこのルアーがあればOK

青物の御三家のなかで比較的釣りやすいといわれているブリ族。   &nb …

ショアから使えるダイビングペンシル【ウッド製】のおすすめ

  ショアからの青物、特にヒラマサを狙って秋口から磯に出かけ果敢にトラ …

ラピード190は買いなのか… フック選びのコツ

  マリアから2018年秋に発売開始となった待望のラピードF190 & …

青物&ヒラスズキ兼用タックル【リールとライン編】

以前の記事”青物・ヒラスズキ兼用タックル【ロッド編】”では、おすすめの兼用ロッド …

小潮・若潮・長潮でもヒラマサは釣れるか

ヒラマサなどの青物ゲームにおいて潮回りは重要だと言われている。   & …

アニサキスが寄生しやすい魚【予防&治療方】

最近よく耳にするようになってきた”アニサキス症”。   これは一部の魚 …

瀬渡し船(渡船)で磯に渡る時の予約の仕方と利用方

  船釣りは高いし、酔うので自分には無理…だけど久しぶりの休日に確実に …

ララペン125F(ジャンプライズ)好評価で爆発しそうな予感

ジャンプライズ社の2017の目玉商品といっても良いであろう【ララペン125F】 …

SLJ(スーパーライトジギング)でおすすめのコスパの良いロッドは間違いなくコレ

最近耳にするようになったスーパーライトジギング(SLJ)という言葉。 &nbsp …

ゼナックのミュートス アキュラはRGガイドとKガイドどっちがおすすめ?

  ゼナック社からリリースされているショアジギングロッド「ミュートス」 …